10430872_1047213401961706_1211828387513218933_n

インドネシアの民族・宗教・出身バラバラのみんながディスカッションするとこうなった!

みんな伝統衣装をきてぱしゃり!事前ディナーミーティングの様子です!

2月5日会社のオフ会を実施!宗教・民族・出身のそれぞれ違うインドネシア人のパネラーを集めての職業観や生活観について日本と比較しながら話してもらいました。

メダン出身で仏教徒(華人)
パダン出身でイスラム教徒
マラン出身でキリスト教徒
ボゴール出身で無宗教(?)

10947486_422402534591671_374175604_n

こーんな色とりどり?のパネラーさん!
いつも仕事でお世話になっている方たちばかりです。

そしてお話はこんな感じでした。ここではまとめと個人的意見を述べております。
↓↓↓

トピック①注意の仕方がなんだか変?
日本人とインドネシアの仕事上違うとこまとめ
・遠回し(間接的)な表現
・上司は絶対な存在(上下関係がはっきり)
・言語と文化を理由とした説明(納得のいかない議論の終わらせ方)
・注意の仕方(1対1で雑談を交えながらのアプローチ)

●上下関係のゆるさ
インドネシア人からは上記の点について、かなり日本人としては耳の痛い
話になってしまいました(笑)が、私個人的な経験として、「上下関係」のゆるさ、というのは
インドネシア人と仕事をしたり、つきあっていく際に重要視するのは大切かと思います。

上下関係が緩いというのは、決してなれあいになったりということではなく、
お互いの関係がフラットであるがゆえに、お互いを尊重し、議論をし易い雰囲気を作っていきやすいということです。
私も仕事でインドネシア人のスタッフとやりとりをするときがありますが、
自分が上、という意識だとやはり動いてくれません。これは「自分が上である」というスタンスを見せると
言わなくてもスタッフはすぐに気づきます。説明がないと「なぜ、どうして」をしきりに確認、また主張もします。
逆にお互いがどうしていけばいいのかをディスカッションする場、をきちんと提供することで協力体制を築いていきます。

●役職と年齢によるコミュニケーションの違い
また、これは話にありませんでしたが、本人が役職としては上だが、年齢が低い場合、
相手(役職として下、年齢が本人より上)に対してはその役職を全うするために意見や主張を
するが、基本的には相手を敬う表現をして、おたがいが気持ち良い議論の場をもてるというのがインドネシア人と
環境づくりをする際に非常にやりやすい部分かと思います。

日本の場合は上記の状況が起こる場合、結構やりにくいときがあるのではないでしょうか。
年上の先輩で役職が下というのは、上下関係の強い日本では柔軟に対応しにくいかと思います。
よほどお互いが信頼し、仲の良い関係でないと、主張したいことがあってもいえずに終わってしまうことも少なくないかと考えます。

10917366_1047213398628373_6552994836872429116_n

イベントで提供されたインドネシア料理♪おいしいいい

場所はチャベ目黒店さんで貸切です!

http://www.cabe-eco.com/

トピック②日本の電車の中はなんだか変?
●電車の中の電話
インドネシア(ジャカルタ)に行かれた方は、電車やバスで当たり前のように電話をされているのをご覧になったことが
あるかと思いますが、スマトラ島メダンでは逆に声が大きいから公共交通機関では話さない。
公共交通機関を利用する際には「声の大きさ」にさえ気を付ければ、特に問題はないみたいです。
日本の電話のみダメ、というのも日本独自のルールが外国人に押し付けてしまうのも、
今後の日本の国際化を続けていくうえで考えなければならない課題なのかな、、と思ってます。

●席を譲るとき
私はジャカルタに行って席を譲られたことは皆無ですが(笑)、
どうやらレディーファーストという考え方はインドネシアにもあるようです。
ジャカルタは首都でもあるのでよりフェミニズム的で、私が席を譲られることがないの(だと信じたい)ですが、
日本だとお年寄りや障害のある方には譲ったりしますが、若い女性などに席を譲ると、なんか違和感が残りますよね笑

日本ではお年寄りに席を譲りにくい、というのがインドネシア人パネラーの皆さんは共通して言ってました!
日本人のご高齢の方は自分がまだまだ若くいたい、もしくは若いということを示したいようです。元気な方がいらっしゃるのは日本にとってもいいことではないかなあ、と個人的に思いながら、イベントも盛況に終わりました^^

10430872_1047213401961706_1211828387513218933_n

プチ豆知識
日本人は簡単な社交辞令に天気や気温の話をしますが、インドネシアでは多少雨季換気有りますが年中同じ(笑)
でもインドネシアでも似たようなものはあって、常に「どこいくの?」とか「もうご飯たべたの?」ってきかれます。

これは別に詮索されているわけでも、「いや~これから会社行って作業して残業予定だよ~」なんて聞きたいのでもなく、
ただただ相手の存在意義を高めるために、敬っているために聞いているのだとか。特に目上の人にはそうしないと失礼に当たります。

なので目上のインドネシア人には必ず「Ke mana?(どこいくの?)」「Sudah makan?(もうご飯たべたの?)」と聞いてあげてください^^

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s